高脂肪食の概要について

高脂肪食は、コレステロールがたまる原因になります。

しかし、大豆の働きによって血糖値を調整することもできるそうです。

 

高脂肪食と影響と大豆の働き。

大豆にはコレステロールを低下させる働きがあり、高脂肪食の悪影響を大豆が抑えるそうです。

大豆以外には、野菜や海藻にも食物繊維が多く含まれているため、血糖値の調整に役立ちます。

 

高脂肪食を食べると、肥満になり易いと言えます。

日本人が相対てきに痩せているのは、脂肪からエネルギーをとるのが少ないからです。

アメリカ人は、脂肪からとるエネルギー量が多いので、高脂肪食の生活を送っています

ですから、高脂肪食を頻繁にとるアメリカ人は、肥満になりやすいのです。

しかし、スポーツの世界では、やはり高脂肪食の人種が一般的に強いとされています。